http://tanjyoubiwari.blog97.fc2.com/

特集記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (2)
TOPニュース (102)
秋葉原通り魔事件 (10)
オウム真理教 平田信 (7)

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホットなニュースをご紹介 速報プラスα

和田が落選?


亀井や山口、内海。岩田が残って、和田落選???
先発で好投もしてたのに、みんなが疑問をもつのでは?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090223-00000016-yom-spo

最終メンバー28人「体調面を最重視」…WBC原監督


 日本代表の最終メンバー28人を選手たちに伝え終えた原監督は、体調面の仕上がり具合を最も重視したことを明かした。

 メンバーから外れた5人のうち、左アキレスけんを痛めた松中(ソフトバンク)、右ひじ手術明けの栗原(広島)、右肩痛から回復過程にある細川(西武)の野手3人が、万全とは言えなかった。

 投手の2人は、それぞれの事情を抱えていた。和田(ソフトバンク)は前日の巨人戦で2回2/3を無失点と結果を出したが、左の第2先発枠からはみ出した形となった。岸(西武)はWBC公式球への対応に最後まで苦しみ、得意のカーブを生かし切れなかった。

 メンバーの絞り込みを終え、今後はチームを組み立てる作業に移る。この合宿では、チームプレーにはほとんど手を着けていない状態だ。巨人との練習試合では、選手の力量を見極めることに重点を置いたため、攻撃はすべてノーサイン。守備の組織練習を行ったのも一度だけだった。

スポンサーサイト

ホットなニュースをご紹介 速報プラスα

顔の老化防止・疲れを軽減、心身の健康促す


最近抜け毛が気になっているので、抜け毛関係のニュースを洗ってみました。
常にいろんな方法が考えられているのですね



 髪の毛が細くなる、抜け毛が多いといった薄毛に悩む若い女性が増えている。必要以上にパーマやヘアカラーで髪を傷めたり、不規則な生活習慣や無理なダイエットによる偏った食事、ストレスなどが髪にダメージを与えているためだ。

「女性の薄毛は毛髪が衰え細くなり、数が減少することによって生じる。原因はいくつか考えられるが、シャンプーのし過ぎやドライヤーのかけ過ぎといった毎日の過剰なケアに加えて、必要以上にパーマやヘアカラーをして地肌を痛めていることも、その一つであるのは確か」

 多くの女性の頭皮を診てきた北里大学病院皮膚科の斉藤典充医師は、最近の傾向をこう分析する。



 薄毛や抜け毛に悩む人は多いが、50~70代を中心に、女性用かつらの需要が伸びている。「つけて隠す」のではなく、おしゃれの一部として「足して楽しむ」という前向きな意識が見える。「かつらは男のもの」というイメージは昔の話。10月20日は「頭髪=とう(10)はつ(20)=の日」。
 かつらで「隠す」という意識が強い男性に対し、女性は「足して楽しむ」ため、デザインや色への要望も多岐にわたる。同社はオーダーメードで対応、料金は約20万~60万円だ。娘や友人と連れだって店舗に相談に来て、遠慮せず試着する女性が多いという。




 頭髪の薄毛、抜け毛について、米国人は食事や睡眠など健康管理に気をつかっているのに対し、日本人は育毛剤など直接的な手段で悩みを解消しようとしていることが、万有製薬(東京)の調査(6~7月)で分かった。
 調査は、薄毛、抜け毛を自覚している20~49歳の日本人、米国人の計659人から、インターネットを通じて回答を得た。

 結果によると、髪が薄くなってきたと気づいた年齢で最も多いのが、日本人は40~45歳未満、米国人は25~30歳未満で、自覚年齢は“日老米若”。薄毛、抜け毛を気にしている日本人は58・6%で、米国人の70・6%を大きく下回る。気にする理由のトップは、米国人の「老けて見える」に対し、日本人は「カッコよくない」。

 現状を「何とかしたい」と考える日本人は60・1%で、こちらも米国人の74・5%を下回る。米国人の3人に1人が周囲の態度が変わったと答えたが、周囲の変化を感じている日本人は1割にとどまっており、他人の目を意識する程度の差が影響していそうだ。



 不景気風が直撃しているフトコロ具合のみならず、はかなく抜けゆく髪の毛にも悩む中高年サラリーマンに朗報だ。小さな花びらが見る者をなごませるタンポポの根に強力な育毛作用があり、その成分を使った育毛剤が来春発売されるのだという。日の目を見るまでに10年かかったという、その中身とは?

 タンポポの根の発毛・育毛作用を発見し、その成分を利用した育毛剤を開発したのは医薬部外品製造大手「ツムラ ライフサイエンス」(東京・港区)。開発者である商品開発部開発3グループ、金谷裕敏グループ長(50)は「世界初の発見」と胸を張るが、いったい何が新しいのか。

 「毛包を強くする3つのタンパク質と毛髪を支える内毛根鞘という『髪の毛の鞘』にタンポポの根(生薬名・ホコウエイ根)が効果を発揮、高い発毛・育毛作用が得られます。これは今回の研究で初めて明らかになったこと。来年3月には日本薬学会で研究成果を報告する予定です」





ホットなニュースをご紹介 速報プラスα

FC2Ad

,

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。